昨日から続いておりまする。

さて、道の駅「雷電くるみの里」を出発いたしまして、

浅間サンラインのSAVE ONの交差点を湯ノ丸高原方面にのぼります。

この道はさすがに右へ左へカーブが続くので

「風」も酔い止めを飲んでます。

10kmの距離を標高1000m近く登るキツイ道ですが、

自転車で登りの時間を競うツワモノもいるそうです。

どんどん気温が下がり、湯ノ丸高原に着くと別世界

あ〜高原の風が心地よい[E:heart04]天気がよいので気分最高

オフシーズンの広いゲレンデで

お手製の5mロングリードを試してみましょう!

2010082201

イヤなクルマで右へ左へと揺られていたのに

前触れもなくおろしてもらって

広い広い草原を駆け回れて「風」大喜び!

2010082202

このゲレンデ、スキーで来た事はないのですが、登りはじめから急斜面!

初心者ではキツイのでは? 20度は超えているようです。

だから歩いて登るのがツラ〜イ。

そして標高が2000m近いので空気がうす〜い。

でも愛犬には全然関係ないみたいです。ガンガン登る。ガンガン走る!

5メートルでは足りないみたいです。

ダッシュで走って5mでキュっと首が絞まります。

そしてその先の草むらに斜めにザー!と滑っています。

あぶないな〜と思って見ていたのですが、

何回も繰り返すので、もしやワザト?

リードを持っていたのは夫なのですが、

「手が焼ける〜」と泣いています。

「風」が近くにいる時は、カメアシのケーブルマンのように

リードを巻くのですがいざ、ダッシュされると手からクルクル〜ッと伸びた

リードを5m手前でグッと握り、そこで踏ん張って止めます。

でないと腕ごと引っ張られて転んでしまうので(チカラ強〜い)

その時、手の中でリードが滑り手のひらが焼けるように暑くなって

しまいます。これは手袋なしではダッシュさせられない…

いえ、首輪で繋がっているのでダッシュはもはや危険だ。

ハーネスじゃないとダメかも…

ハーネスを買うにはまだ幼いし…

さすがに「風」も疲れたようで、なにやらほじくって遊んでいます。

2010082203


高原の風に吹かれて、「風」も飼い主もリフレッシュしたので

山の反対側に降りてキャンプ場を探しましょう!

ありがとう湯の丸高原!

次は烏帽子山に登りに来るよ!(登山はペット禁止)

2010082204


ネットで事前に調べたら、この辺りはキャンプ場だらけだったんです。

3つほどピックアップしておいて直接見てから決める事にしました。

嬬恋方面に降りるとそこは「プチ北海道」と呼ばれる高原野菜の産地。

2010082205


遊び疲れて「風」もおとなしくクルマに乗っています。

まず第一候補の「浅間ファミリーキャンプ場」へ行ってみました。

「すみませ〜ん、大人2人と犬1匹でクルマ1台なんですけど〜?」

2010082206


気の良さそうな受付の方が「もう混んでいる時期は終わったので大丈夫で

すよ〜」と言ってくれました。全面林間の気持ちのよいキャンプ場です。

ここにしよう!一発で決まりです。ですが、入場がPM2:00からなので、

まずお風呂に行って、食材を買い出して来ましょう!

スグ近くの「つつじの湯」へ入り、5分ほど行ったスーパーで

夕食などの買い出しをして戻りました。

2010082207

キャンプ場内は広く、整備されていてなかなかいい感じ。

お客さんも、他に2〜3組らしいです。

私たちは「風」が鳴いてもウルサくないよう、

端っこにテントを設営しました。

2010082208


最近ごはんをあまり食べない「風」は、今日は朝から何も食べて

いないので、待ちに待った朝ごはんのはず?

でも、穴ばかり掘っていて少ししかフードをたべません。

2010082209


私たちが荷物の整理などをしていると、回りすぎて動けなくなったりして

います。馴染みがなく、落ち着かない様子です。まず、私たちはビールで

祝杯を上げ(なんの?)軽くつまんでから散歩にでました。

2010082210


キャンプ場のすぐ裏から林道が延びているので行ってみました。

この時も5mリード。浅間山方面に向け、道はじわじわ登っています。

「風」は脇へは入らずに道をまっすぐ歩いて行きます。

2010082211


すこし歩くと別荘地でした。

ただ、売別荘や売土地が多く、たまにぽつんと大きいのがあるくらい。

場所によっては別荘じゃなく、永住しているカンジのお宅もあります。

あまり遠くまで行って、帰り道が分からなくなりそうな…

もし、そうなったら誰にも助けを呼べなそうな気配です。

楽しく散歩して、キャンプ場に帰りました。

この後、飼い主達は更に祝杯をあげるのですが(だから何の?)

長くなりましたのでそれはまた明日にしましょう。

ぐだぐだ長い文章ですみません。

読んでくださってありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 紀州犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ その他日本犬へ
にほんブログ村